桃太郎ジーンズのファンサイト内の画像は、桃太郎ジーンズのご協力の下、撮影許可を頂き掲載してりるものです。
画像の無断転載は固くお断りいたします





桃太郎ジーンズ【0901】ヴィンテージ・15.7oz 特濃インディゴクラシックストレートを今年の元旦から履き続けてきた管理人@JeansLabo。

先日より衣替えということで、夏用のライトオンス【1101SP】出陣10oz特濃セルビッチミドルストレートを履いていいます。

【0901】ヴィンテージ・15.7oz 特濃インディゴクラシックストレートを毎日履き、そして半年近く履き続けた訳ですが、衣替えで仕舞う前に、半年間履き込んでの色落ち具合をレポートしようと思います。

桃太郎ジーンズ【0901】ヴィンテージ・15.7oz 特濃インディゴクラシックストレート

桃太郎ジーンズ【0901】ヴィンテージ・15.7oz 特濃インディゴクラシックストレート

上の写真は管理人@JeansLaboの桃太郎ジーンズ【0901】ヴィンテージ・15.7oz 特濃インディゴクラシックストレート。

Shrink to fit(未防縮加工)のヴィンテージタイプ。
メイン素材はインディゴのみによる純粋な『青』での世界最特濃デニム。
世界最特濃に染め上げたジンバブエコットンの
6番手超高密度15.7ozデニムは、超長綿のソフトな穿き心地と同時に
デニム本来の武骨さも兼ね備えています。
特濃といっても芯の白さはキープしているので、
濃淡の落差の激しいアタリを楽しめます。
超長綿だからこそ可能なムラ感は、
ヘヴィーオンス特有の派手すぎるタテ落ちはせず、
細い部分の多さと長さによって醸し出される
タテ落ちを味わえます。

半年間、毎日履き込んで来ましたが・・・いまだ特濃・・・というか、ブラックジーンズの様ですね。。。

ですが、そこは色落ちに定評のある桃太郎ジーンズ。

桃太郎ジーンズ【0901】ヴィンテージ・15.7oz 特濃インディゴクラシックストレートの色落ち

上の写真は、【0901】ヴィンテージ・15.7oz 特濃インディゴクラシックストレートを購入したときに付いていた色落ち具合の見本のタグなのですが、この深みのある「青」に色落ちしていくはずなのです。

そして・・・よ~く見ると、管理人@JeansLaboの桃太郎ジーンズ【0901】ヴィンテージ・15.7oz 特濃インディゴクラシックストレートも、いい感じで経年変化、アタリが付きつつあり、色落ちが始まっていて、美しい「青」が顔を出し始めています!

半年履き込んだ桃太郎ジーンズ【0901】ヴィンテージ・15.7oz 特濃インディゴクラシックストレートの色落ち

桃太郎ジーンズ【0901】ヴィンテージ・15.7oz 特濃インディゴクラシックストレートの色落ち

見て下さい!

いい感じの鮮やかな「ブルー」が顔を覗かせ始めています!!

桃太郎ジーンズ【0901】ヴィンテージ・15.7oz 特濃インディゴクラシックストレート・色落ち

ウン、まだまだとはいえ、アタリが付いて、ちゃんと「ヒゲ」が出来つつありますね!

いい感じのヒゲに育っていってくれると良いのですが。。。

桃太郎ジーンズ【0901】ヴィンテージ・15.7oz 特濃インディゴクラシックストレートの後ろ

こちらは後ろの部分。

桃太郎ジーンズ【0901】ヴィンテージ・15.7oz 特濃インディゴクラシックストレートの後ろの部分の色落ち

後ろの部分も経年変化、色落ちが始まってますね!

そして・・・

桃太郎ジーンズ【0901】ヴィンテージ・15.7oz 特濃インディゴクラシックストレートの後ろポケット

こちらは後ろポケットの部分ですが、ペイントの左上の辺りに一部、穴が開き始めています。。。

この部分は、小銭入れが当たっている部分なのですが、それがジーンズに現れていますね。

ジーンズの経年変化は、それを履いた人の味が出るといいますが、後ろポケットに常に小銭入れを入れている管理人@JeansLaboらしい経年変化と言えますね。

履き込んでまだ半年なので、色落ちというにはまだまだですが、それでもやはり、数ある桃太郎ジーンズのレーベルの中で、特に色落ちに定評のあるヴィンテージレーベルなので、よい感じでアタリが付き、色落ちが始まっている様に思います。

半年履き込んで、これから更に美しいブルージーンズへと色落ちさせていくのが楽しみで仕方がありません!

世界最高峰の色落ちを体感できる桃太郎ジーンズに乾杯!

もしこの記事が「桃太郎ジーンズ」について参考になると思われましたら、FacebookやTwitter、はてなブックマーク等でシェアして頂けますと、嬉しいですし、ブログ更新の励みになります。