桃太郎ジーンズのファンサイト内の画像は、桃太郎ジーンズのご協力の下、撮影許可を頂き掲載してりるものです。
画像の無断転載は固くお断りいたします





桃太郎ジーンズの魅力と言えば、やはり世界最高峰の色落ちが挙げられます。

世界最特濃に染め上げられた桃太郎ジーンズのデニム生地は、メリハリの強いアタリが現れ、濃い部分は濃く残り、色落ちした部分との立体感あるコントラスト、彫りの深い色落ちを体感でき、ジーンズを育てるという事を堪能出来ます。

桃太郎ジーンズ【0901】ヴィンテージ・15.7oz 特濃インディゴクラシックストレートの前の部分

上の写真は、管理人@JeansLaboの桃太郎ジーンズのヴィンテージレーベルになります。

いやぁ・・・いわゆるブルージーンズの筈なのですが、濃いですねぇ。。。

一見、ブラックジーンズかと思ってしまう濃さです。。。

ですが、この濃さが世界最高の色落ちを体感させてくれるのです!

先日、桃太郎ジーンズ青山店に伺った際、同店に見本として展示されていた、色落ちした桃太郎ジーンズを撮影させてもらってきました。

いずれも見事な色落ち具合です。

桃太郎ジーンズを育てる楽しみ、色落ちの魅力として、こちらに掲載させて頂こうと思います。

尚、これらの写真は、桃太郎ジーンズ青山店のご好意で掲載させて頂いているモノですので、転載、二次使用は固くお断りいたします

桃太郎ジーンズヴィンテージの色落ち

桃太郎ジーンズ・ヴィンテージの色落ち

上の写真は、ヴィンテージレーベルの色落ちになります。

左右に走った「ヒゲ」が見事ですね!

因みに「ヒゲ」とは・・・ジーンズを着用して椅子などに座った時に、太ももの付け根の部分にシワが寄りますよね。

このシワがアタリ・色落ちへと育って行く訳ですが、このシワの色落ち・アタリが、猫などの動物のヒゲの様に見える事から、「ヒゲ」と呼ばれます。

桃太郎ジーンズ、ヴィンテージの色落ち

後ろの部分の色落ちです。

濃淡のはっきりとした色落ちですね!

桃太郎ジーンズ銅丹の色落ち

桃太郎ジーンズ・銅丹の色落ち

こちらは本当に見事に色落ちした桃太郎ジーンズ・銅丹の色落ちになります。

濃い部分は濃く残り、そして色落ちした部分にの糸の芯の白さが見事に顔を出しています。

そして何より、ブラックジーンズの様な世界最特濃ジーンズが、鮮やかなブルーへと変化しているのが良く解ると思います。

桃太郎ジーンズ、銅丹の色落ち

まさにブルージーンズと呼ぶにふさわしい「青」に育っており、これこそが桃太郎ジーンズの拘る青・ジャパンブルーなのだと思います。

桃太郎ジーンズ出陣の色落ち

桃太郎ジーンズ・出陣の色落ち

上の写真は出陣の色落ちになりますが、私見ですが、これはもしかすると、写真では上手く魅力が伝わりにくいかもしれません。。。

個人的な感想ですが、通常の場合、色落ちした部分、白い部分が浮き出て来て、濃く残った部分が深みとなり、立体感を感じるのですが、この出陣の色落ちは、濃く残っている部分が飛び出して来るかの様だったのです。

濃淡の激しいアタリで、まさに「出陣」というネーミングにふさわしい色落ちのように思います。

桃太郎ジーンズ、出陣の色落ち

出陣の後ろの部分の色落ちになります。

ペイントの経年変化もいい感じですね!

最も見事な美しい色落ち

最後に、個人的に今まで見てきた中で、最も美しく、見事としか言いようの無い色落ちの写真を。

桃太郎ジーンズの色落ち

上の写真は、桃太郎ジーンズの社員さんのO女史の出陣なのですが、見事な色落ち、びっくりする程美しいヒゲですよね!!

そして何より、あの濃い桃太郎ジーンズが、美しい艶やかな「青」になっていますよね!

桃太郎ジーンズ・色落ち

後ろの部分、特に、ひざの後ろの部分の色落ち(ハチノスと呼ばれます)もまぁ本当に芸術的としか言い様が無いです!

ずっと鑑賞していたいな、と思う程の立体感であり、なにか迫ってくるものを感じる程です。

そして、この世界最高峰の色落ちこそが、桃太郎ジーンズの魅力なのです!

ジーンズマニアを魅了し続ける桃太郎ジーンズ、お勧めです!

もしこの記事が「桃太郎ジーンズ」について参考になると思われましたら、FacebookやTwitter、はてなブックマーク等でシェアして頂けますと、嬉しいですし、ブログ更新の励みになります。