桃太郎ジーンズのファンサイト内の画像は、桃太郎ジーンズのご協力の下、撮影許可を頂き掲載してりるものです。
画像の無断転載は固くお断りいたします





桃太郎ジーンズ銅丹のレビューです。

桃太郎ジーンズ【G019-MZ】銅丹14.7oz特濃セルビッチクラッシックストレート (MZ)

写真は、管理人@ジーンズラボが初めて買った桃太郎ジーンズ【G019-MZ】銅丹14.7oz特濃セルビッチクラッシックストレート (MZ)になります。

桃太郎ジーンズ【G019-MZ】銅丹14.7oz特濃セルビッチクラッシックストレート (MZ)の前

桃太郎ジーンズのレーベルと言うと、定番シリーズで、「銅丹」「出陣」「ヴィンテージ」の3種類が有ります。

この3つの定番シリーズの中で、おそらく桃太郎ジーンズの看板的位置づけに有るのは、後ろポケットの二本線=日本線=ジャパンラインが眩しく光る、「出陣」かと思います。(上の写真は「銅丹」ですが、後ろポケットに二本線が入っています・これは、オーダーペイントで、購入後にオーダーし、ペイントしてもらいました。「銅丹」には本来、ペイントは入っていません。因みに、ペイントカラーは、高円寺店のオリジナルカラ―の「パープル」です。)

実はこの初めて桃太郎ジーンズを買う時、管理人@ジーンズラボが最重要視したというか、絶対条件として考えたのが、社会の窓がファスナータイプの物!という点でした。

ジーンズの社会の窓は、ボタンのタイプとファスナーとの2種類に分けられます。(因みに、真のジーンズ愛好家は、ボタンフライを選ぶそうです。。。今なら、管理人@ジーンズラボも絶対にボタンフライを選びますし、ボタンフライを勧めます!!ただ・・・この時、というか、桃太郎ジーンズと出会う前は、ジーンズのヘビーユーザーでしたが、そこまでジーンズに愛着を感じていなかったので・・・開け閉めが面倒くさそうなボタンフライはイヤ!と食わず嫌いで敬遠しました。でも・・・これは間違いでした。。。ボタンフライは、確かに閉める時に少し手間がかかりますが、開ける時の楽さ、左右にバババッと引っ張るだけで開けられるので、この早さと楽さは、格別です。因みに、開けるのと閉めるので、時間がかかると困るのは・・・開ける方ですよね!!トイレに急いで駆け込んだ時など、社会の窓を開けるのに手間取り、間に合わなかったら・・・。いずれにせよ、食わず嫌いでファスナータイプのジーンズを買った事を、今の管理人@ジーンズラボは、物凄~く後悔しています。)

桃太郎ジーンズの定番シリーズの場合、社会の窓にファスナータイプが有るのは、「銅丹」のみなのです。

出陣」「ヴィンテージ」は、どれも社会の窓はボタンフライになっているので、初めて桃太郎ジーンズを買う時、管理人@ジーンズラボは、候補に入れませんでした。。。(後悔しています)

実は、この時接客してくれたのは、フジテレビの「ほこ×たて」に出演た伊吹さんで、伊吹さんからも、「ボタンフライは、最初大変だけど、慣れると絶対にこっちの方が楽ですよ!」と勧めて頂いてたんです。。。

桃太郎ジーンズの伊吹氏

その時の伊吹さんは、勿論!桃太郎ジーンズのボタンフライのモノを履いていらっしゃいました。。。

桃太郎ジーンズの事を隅から隅まで知っている伊吹さんのお勧めを聞いておくんだったと、今、臍をかんでいます。。。(蛇足ですが、ボタンフライは、最初は確かに大変ですが、2~3日履いて開け閉めすると、生地がかなり柔らかくなり、そんなに大変では無くなります。)

閑話休題、ボタンフライしかない「出陣」と「ヴィンテージ」を候補から外した管理人@ジーンズラボ、必然的にボタンフライとファスナータイプの有る「銅丹」を選びました。(注:レディースの場合、出陣も社会の窓はファスナーになっています。これは、女性の場合は爪・ネイルの関係で、ボタンフライだと大変だからという配慮に思われます。)

桃太郎ジーンズ【G019-MZ】銅丹14.7oz特濃セルビッチクラッシックストレート (MZ)の裏生地、藍染の部分

桃太郎ジーンズの「銅丹」の特徴の一つに、裏生地やポケット生地に、本藍染を使っているというのが有ります。

上の写真でお解りいただけると思いますが、裏生地とポケットの部分に本藍染が使われているのです。

この高級本藍染が、何ともレトロな雰囲気を醸し出しているのも「銅丹」の特徴かもしれません。

というか、見えない所にオシャレをしているあたり、江戸っ子の様ですね!!

ですが、これも桃太郎ジーンズの拘りであり、この様な裏生地に拘っている事で、細部まで目が行き届いているのが推し量れるかと思います。

桃太郎ジーンズ【G019-MZ】銅丹14.7oz特濃セルビッチクラッシックストレート (MZ)の後ろ

右後ろポケットには、桃をイメージしたステッチが施されています。

そして、インディゴのみで染め上げた、純粋な『青』での世界最特濃デニムですので、濃い部分は濃いままに残るので、色落ちした部分とのコントラストは彫刻の様な立体感の有るモノに育ちます。(というか、育てたい!!)

管理人@JeansLaboが初めて買った桃太郎ジーンズ、【G019-MZ】銅丹14.7oz特濃セルビッチクラッシックストレートは思い入れの深い一本だけに、いい感じに育てたいモノです!

もしこの記事が「桃太郎ジーンズ」について参考になると思われましたら、FacebookやTwitter、はてなブックマーク等でシェアして頂けますと、嬉しいですし、ブログ更新の励みになります。